CPAG | CONTENPORARY PHILOSOPHY IN THE AGE OF GLOBALIZATION

English
*このプロジェクトは終了しました。
お問い合わせ

グローバル化時代における現代思想 vol.5
【出版】若手研究者ワークショップ 「ヨーロッパ」とその他者

2015年2月26日刊行
馬場智一 編

若手研究者ワークショップ 「ヨーロッパ」とその他者

グローバル化時代における現代思想 vol.5



昨年度2014年2月23日に開催された、CPAG主催若手研究者ワークショップ「『ヨーロッパ』とその他者」の記録。

はじめに
 馬場 智一

第1章
 ヨーロッパ理念の歴史と統合欧州の窮状――J. G. A. ポーコックの「ヨーロッパの脱構築」とフレデリック・ロルドンの「欧州主義」批判を中心に
 片岡 大右

第2章
 近代人の自由とフェティシズム――B. コンスタンの「自由な宗教」をめぐって
 杉本 隆司

第3章
 「ヨーロッパ」への抵抗――リオタールにおける「異教」
 馬場 智一

第4章
 「陸」と「海」の中国呼称の変遷史とその統一について
 羽根 次郎

おわりに
 馬場 智一

著者略歴