CPAG | CONTENPORARY PHILOSOPHY IN THE AGE OF GLOBALIZATION

English
*このプロジェクトは終了しました。
お問い合わせ

ギョーム・ルブラン教授講演会
【Upcoming Event】見るために聞くということ:社会的不可視性の理論のために

2014年7月14日(月)18:30~20:30
東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム3

ポスターをダウンロード Download Poster

Upcoming event

見るために聞くということ:社会的不可視性の理論のために

Entendre pour mieux voir. Elements pour une theorie de l’invisibilite sociale

Lecture by Guillaume Le Blanc (Université Montaigne Bordeaux)

Monday, 14th July, 2014
Collaboration Room 3, 4F, Building 18, Komaba Campus, University of Tokyo
Language: French/Japanese
Moderator: Kazuyuki Hara (University of Tokyo)

講演者略歴
ギョーム・ルブラン氏は1966年生まれの哲学者。現在ボルドー・モンテーニュ大学哲学科教授、京都薬科大学客員教授。ジョルジュ・カンギレムの研究よりキャリアを始め、認識論、社会哲学、政治哲学など幅広い領域で精力的に活動している。主著に以下のものが挙げられる。La philosophie comme contre-culture (PUF, 2014); Que faire de notre vulnérabilité ? (Bayard, 2011); Dedans, dehors. La condition d'étranger ( Seuil, 2010); Canguilhem et la vie humaine (PUF, 2010); L’invisibilité sociale(PUF, 2009); Les maladies de l’homme normal (Vrin, 2007); L’esprit des sciences humaines (PUF, 2005); La pensée Foucault (Ellipses, 2006).

言語|フランス語・日本語訳配布または日本語通訳
司会|原和之(東京大学、CPAG)
主催|グローバル化時代における現代思想(CPAG)
入場無料|事前予約不要