CPAG | CONTENPORARY PHILOSOPHY IN THE AGE OF GLOBALIZATION

English
*このプロジェクトは終了しました。
お問い合わせ

YEAR:
2013

【公募情報】特任研究員の募集を掲載しました。(終了しました) ⇒詳細
【報告】「ピエール・ブリュノ氏講演会 幻想、欲望、および法」を掲載しました。 ⇒詳細
国際ワークショップ 「レヴィナス、ハイデガー、ニーチェ―ディディエ・フランク氏を迎えて」の告知を掲載しました。 ⇒詳細
【報告】ギュンター・ペルトナー教授(ウィーン大学)講演会「〈見えること〉の奇跡 - 中世における〈美しさ〉についての思索」を掲載しました。 ⇒詳細
【関連イベント】「テーマ講義・講演会:ダンヌンツィオに夢中だった頃ーテクストと時代の関係を考える」の告知を掲載しました。 ⇒詳細
「ダンヌンツィオに夢中だった頃-ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(1863-1938)生誕150周年記念展」の告知を掲載しました。 ⇒詳細
ギュンター・ペルトナー教授(ウィーン大学)講演会「〈見えること〉の奇跡 - 中世における〈美しさ〉についての思索」の告知を掲載しました。 ⇒詳細
国際会議「情動、政治、精神分析 Affect, Politics, Psychoanalysis」のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
ピエール・ブリュノ氏講演会 「幻想、欲望、および法」の詳細情報を掲載しました。 ⇒詳細
2013年9月6‐7日に行われた 「After New Confucianism - Whither Modern Chinese Philosophy ? 」のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
【Upcoming Event】 After New Confucianism - Whither Modern Chinese Philosophy ?  ⇒詳細
2013年6月に行われた京都ユダヤ思想学会での研究発表「『全体性と無限』における無限判断」のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年5月に行われた日本哲学会での研究発表「ユダヤ哲学の方法論としての無限判断」のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年2月に行われた若手研究者ワークショップ 「ジャン=リュック・ナンシー『フクシマの後で』から出発して」の冒頭で上映されたジャン-リュック・ナンシー氏のヴィデメッセージの外部リンクおよび日本語訳を新たに掲載しました。 ⇒詳細
2013年6月に行われたDe Anima in East Asiaのレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年5月に行われたTranscultural Conceptual History Between Asia and Europeのレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年5月に行われた(im)possible International Queer Feminismのレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年4月に行われた「盲目の直観:現代思想における精神分析と現象学の討論」のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年3月に行われた、「福島の明日:サポートグループによる挑戦」のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年3月に行われた、「Religion, Secularity, and the Public Sphere in East and Southeast Asia」のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年3月16日(土)に関連イベント「福島の明日:サポートグループによる挑戦」が行われます。詳細はリンク先をご覧ください。 ⇒詳細
2013年2月15日(金)・22日(金)にAsian Philosophy Forum Lectureを開催します。 ⇒詳細
2013年1月に行われた、International Conference "Contemporary Philosophy in the Age of Globalization" その他のレポートを掲載しました。 ⇒詳細
2013年2月6日(水)に、CPAG国内イベント第一弾として、講演会「マルクス主義のアジア」が行われます。 ⇒詳細